2011年 05月 04日
甘い言葉のおはなし。
今日のイギリス絵日記は、言葉のおはなし。

イギリスで生活し始めたばかりの頃、何もかもが珍しくて毎日新鮮な驚きの連続だったのですが、一番驚いたのが、

甘い言葉がそこら中に溢れてること!

毎日毎日、いろんなところから聞こえてくる「Lovely」「Dear」などの甘い単語。
b0220053_0211736.jpg

バスに乗ってお金を払っただけで「Thanks, lovely」。
降りる時は「Take care, dear」。
そんな簡単に甘い言葉を囁かれたら好きになっちゃいそう…!と毎日のように思ってましたが、イギリスではどうやらそれが普通らしく(笑)
呼びかけに用いるのはもちろん、「good」とか「excellent」、「very well」みたいな意味合いでみんなガンガン使うみたいです。


イギリスらしいなーと思ったのは…
b0220053_23572162.jpg

とある冬晴れの日。

b0220053_2358617.jpg

私がバス停でバスを待っていると、おばあちゃんが隣にやってきて、声をかけてきました。

b0220053_2359317.jpg

b0220053_23594474.jpg


お天気にもLovelyって単語を使っちゃうらしい!

と、渡英したての私は、その可愛さにものすごく感動したのを覚えてます(笑)
イギリス人にとって気持ち良く晴れてる日は、ホントに「Lovely」な日なんだろうなぁ。普段天気が悪い日が多いから。

何でもかんでもLovelyって言葉をつけるのがむしろ可愛くて、イギリスいる間は私も真似して何でもかんでもLovelyって言ってました。
Lovelyのイギリス風な発音もね、また可愛いんです。lとvの間でちょっと詰まる感じ。上から目線な感じのイントネーション(分かりづらい 笑)。



甘い言葉が溢れてる国って素敵ですよね!
日本語にはない魅力が、イギリスの英語には溢れてます。
こういう可愛いところも、イントネーションも、イギリス英語ってやっぱり素敵で大好きだなー。




ブログランキング参加中。
クリックお願いします☆
[PR]

by SaoriElizabeth | 2011-05-04 00:25 | イギリス絵日記


<< NEX-5試し撮り♪      ヴィジェ・ルブラン展。 >>