2011年 12月 15日
クリスマス in ヨーク その1
先週の金曜日の話ですが!
日本にいた時からの友人が、同じ時期にヨーク大に留学しているので、その友人に会いにヨークまで行ってきました。


b0220053_9202298.jpg

シェフィールドから電車で1時間。お昼前に出て、あっという間に到着しました。
北部イングランドにしては、珍しく冬晴れ!
友人も「昨日までは荒れた天気だった」と言っていたので、まずは青空に感謝しつつ、散策スタートです。


b0220053_9203230.jpg


古い街並を今もたくさん残す街、ヨーク。
駅を出たとたん、中世に作られたという城壁がどーんとお出迎えしてくれました。
その城壁をくぐってすぐ、街に至るまでの橋の下には、大きくて穏やかな川が。

b0220053_9204272.jpgb0220053_920522.jpg


古い建物と流行の洋服が売られるショップが混在する、不思議な雰囲気の街でした。
ファストファッションのブランドに並んで、小さな専門店やハイブランドのお店も数多くあったので、買い物する場所が限られているシェフィールドに住んでいる身としては羨ましく思いました。(とはいえ、例えシェフィールドにたくさんお店があっても、結局は安い店でしか買い物しないんだろうなぁ、とは思う)


b0220053_921233.jpg


集合が正午だったこともあり、おなかがすいたのでランチをすることに。
ランチは街の中心部から少し離れたレストランへ連れて行ってくれました。

b0220053_9211358.jpg

ここ
魚料理のお店です。
何でも、友人の友人が「日曜日に良くここでブランチを楽しんでいる」のだとか。ちなみにどちらも日本男子です。
おっしゃれー!!と感心しながら、店内へ。

b0220053_9212249.jpgb0220053_9213028.jpg


まずはワインで乾杯し、バスケットで頼んだパンをいただきました。
バターが新鮮で美味しかったです。

b0220053_9214140.jpg


平日のランチだったからか、店内の年齢層はかなり高め。
イギリスに来てから、こういう場所でランチする学生にほとんど出会ったことが無いので(シェフィールドにこういう洒落たお店がほとんど無いからかもしれないけども)久しぶりのランチに胸躍らせ、オーダー。

ちなみに私の周りの学生は、たいていランチは家で食べるか、カフェでサンドウィッチかパニーニか、たまに中華か、本当にたまにパブで皆とランチか、という感じが多いです。
大学にアジア料理など扱っているカフェテリアらしきものはありますが、ものすごく混んでいるので使用したことはなし。
基本的に現地の学生は、親に頼らず奨学金だけで学費も生活費もまかなっているので、「こういうチャラチャラしたお店での食事に10ポンドも20ポンドも借金を使うのは嫌だ」ということらしいです。確かに。ごもっとも。


話がそれましたが、私がオーダーしたのは、

b0220053_9215126.jpgb0220053_922037.jpg

前菜にサーモン、メインにソーセージ。
がっつり魚と肉で腹ごしらえです。
サーモンには、あっさりとレモンを絞ってかけるのみというシンプルさ。このシンプルさが、久しぶりに魚を食べた私には新鮮で美味しかったです。
ソーセージも、写真ではあまり大きさが伝わらないかもしれませんが、かなりのボリューム。

b0220053_9245872.jpg

メインには、サラダつき。

きっと自分がヨークに住んでいたら通ってしまうだろうな〜と思いつつ、完食。
お値段は、前菜とメインで10ポンド弱。

久しぶりに会った友人と話に花を咲かせていると、あっという間に時間が経ってしまい…。
せっかく来たので観光もせねば!というわけで、食べた後はクリスマスムード一色のヨークの街へと繰り出しました。


続く。





ブログランキング参加中。
クリックお願いします☆
[PR]

by SaoriElizabeth | 2011-12-15 10:08 | イギリス絵日記


<< クリスマス in ヨーク その2      先週末。 >>