2012年 02月 06日
留学のきっかけ。
立て続けにこんばんは!

(1月に更新出来なかった…)Education UKオンライン大使の記事、怒濤のアップです。

というわけで、今回のテーマは「英国留学を決めたきっかけ」

b0220053_3646.jpg


という冗談はさておき、やはり自分の研究分野がイギリスの文学だったので、自ずと留学先もイギリスに決まってた、という感じでした。
一時アメリカ留学も考えていた時期もあったのですが、やはりイギリスの演劇が勉強したくて、頑張ってIELTSのスコア取得しました。

留学という手段を選んだのは、単純に英国人が学んでいる英文学に興味があったからです。
学部生の時に短期で英国留学はしていたものの、その時は語学のクラスしか取っていなかったので、次回留学するなら絶対にネイティブに混じってシェイクスピアを学んでみたいと決めてました。
日本でずっと彼について学んでいましたが、ネイティブの受け取るシェイクスピアの感覚を日本で上演されているシェイクスピア作品からだけでは理解しきれなかったので、ネイティブに混じって勉強しよう!と思ったのです。

それから、後で「これやっとけばよかったなぁ」と後悔するのは絶対に嫌だったので、やりたいことは片っ端から全部やってやろう、と学部時代に思ったのもきっかけ。
大学3年生の冬から就職活動をして、会社に入った後に留学する手段もあるとは思いましたが、学びたいことを後回しにしたくなかったので、大学院への進学と留学を決めました。
幼い頃からの「将来は外国に住んでみたいなぁ♥」という漠然とした夢を叶えるために、動くなら早い方が良いと思ったわけです。

学部卒業後に就職した友人たちと比べると、3年も学生生活を延長しての留学という決断を、迷わなかったというと嘘になります。
が、今とても充実した日々を過ごせているので、この決断をして良かったなぁと心から思っています。
ここに来なければ出会えなかった人、見れなかった風景、学べなかったこと、が山のようにありすぎて、この一年間なしでの人生が考えられないくらい。
まだ半分くらいここでの生活が残っているので、残りの日々も一瞬一瞬を大切にして過ごしたいなと思っているところです。


きっかけは何であれ、頑張れば頑張った分だけ世界は広がると思うので、留学を迷っている方には是非恐れずに世界に飛び出してもらいたいです。
きっと、価値観が変わると思います。





ブログランキング参加中。
クリックお願いします☆
[PR]

by SaoriElizabeth | 2012-02-06 03:52 | イギリス絵日記


<< 大学の図書館。      ジャパニーズレストランでバース... >>