2012年 03月 27日
ベイクウェル。
お待たせしました!
昨日更新すると言っておきながら、更新せずにすみません!

思い起こせば、あれは去年の夏。
チャッツワースハウスに一緒に行った友人と、「今度はベイクウェルね!!」と約束したものの、お互い勉強に旅行にと忙しく、あれよあれよという間に3月も下旬。
このままじゃベイクウェルに行かぬまま帰国してしまう!と焦った私たちは、エッセイ締め切りが迫る中、春が訪れたばかりのベイクウェルに行ってきました。

ちなみに、シェフィールドからの行き方は、こちらの時刻表を参考にしてください。

b0220053_10532765.jpg

ベイクウェルとは、シェフィールドとマンチェスターの間に広がるピークディストリクト内にある小さな街の名前。
ベイクウェルプディングという甘い甘いお菓子で有名な街です。
このプディングは、何でも失敗したレシピから偶然出来たものなのだとか。
一度は食べてみたい!とずっと思ってたので、ようやく夢が叶いました。


さてさて、バスで揺られること一時間弱。
3メートル先も見えないほどの真っ白な霧の中、のろのろと進んだバスはようやくベイクウェルに到着。
b0220053_10533639.jpg

ベイクウェルブリッジ。
お空が真っ白。

着いたのはお昼前だったので、そのままランチをすることに。

b0220053_1183166.jpg

雰囲気が良さそうだったので入ってみたお店。
珍しくパスタを注文してみましたが、残念ながらあまり美味しくなかったです。笑
でも、お店の雰囲気は最高!
美味しくないパスタを素早く平らげ、友達とゆっくりお喋り。窓際の席で、明るく気持ちの良い席でした。

b0220053_10543767.jpg

お喋りを終え、外に出てみると、さっきまでの真っ白な空が嘘のような青空!!
青空に、ハチミツ色のレンガが映えます。
素晴らしい眺め。

b0220053_10552622.jpgb0220053_1055401.jpg


最近とても暖かなイギリスは、お花も一斉に咲き始めてきました。
春を通り越して、もはや夏が来たんじゃないかというようなお天気ですが、さすがにまだ木は葉っぱを付けておらず、つぼみを膨らませていました。

b0220053_10555373.jpgb0220053_1056658.jpg


教会。
遠くから教会の塔らしきものが見えたので、「あれって教会かな?」などと街中で友人と話していると、通りすがりのお姉さんが「あれ教会よ!すっごく素敵だから是非行ってみて!オススメだから!」と興奮しながら話しかけてきてくれました。
なんでも、今見てきたこの教会が素敵過ぎて誰かに教えたくなったんだとか。
そんなオススメをされてしまっては、行かないわけにはいかぬ!と近づいてみると、ホント、淡いレンガの色合いがとっても素敵な可愛い教会でした。
中も手作り感に溢れるこじんまりとした内装。内部にはカフェもありました。


b0220053_1057825.jpgb0220053_1110137.jpg


街の中心部には、お土産屋さんやカフェが並ぶハチミツ色の一角が。多分ここがシティーセンター。
可愛いお店が軒を連ねていて、全部覗きたくなってしまいます。
天気が良かったので、軒先でひなたぼっこしている人多数。

b0220053_11102534.jpg

それから、川沿いでもひなたぼっこの列!!
アイスクリーム片手に、待ちわびた春を誰もが満喫していました。
アイスクリームと川辺。これぞまさにイギリスの夏!!という感じ。


そろそろ3時にさしかかろうという時間になって、お茶をしようということに。
b0220053_11201399.jpg

というわけで、ベイクウェルプディング!
Old original bakewell pudding shopという、一番目立つお店に入ってみました。
店内は古い梁がと白い漆喰のコントラストが可愛い内装。
ストラットフォードでもこういうおウチはたくさん見ましたが、やっぱり何度見ても可愛い。

b0220053_11204770.jpg


肝心のベイクウェルプディングのお味ですが、甘過ぎて食べきれなかった、という意見をたくさん聞いたので恐れていたのですが、難なくペロリと平らげました。
想像していたよりも甘くなくて、紅茶とのバランスも良し。
中身はアーモンドペースとと卵とジャムでしょうか?ジャム状の甘いフィリングと、サクサクのパイ生地の相性抜群でした。
甘さ控えめのホイップクリームをたっぷり乗せて食べるのが美味しかったです。

b0220053_11212553.jpg

美味しかったので、お土産にも一つ購入。

b0220053_11213279.jpg

そうこうしているうちに、あっという間に5時半に。
ベイクウェルのほとんどのお店が5時には閉まってしまったので、多分帰りは5時半のバスがちょうど良いです。

というわけで、陽が傾きかけた川辺をのんびり眺めた後、帰宅しました。
タイミングよく気球が浮かんでいて、どこかの絵画で見たことがあるような、そんな懐かしい風景でした。


ベイクウェルは本当に小さな街で、半日もあれば回れてしまうような街ですが、時間があればハドンホールにも行ってみたかったな。
花が盛りの初夏には、それはそれは綺麗なお城なのだとか。

ピークディストリクト内で一番人気がある街らしく、晴れた日の土曜のお昼ということもあって、たくさんの人で街はごった返していましたが、それでものんびりした時間が味わえる、時が止まっているかのような街でした。

きっと、これからの季節、お花が咲き誇り、もっともっと素晴らしい風景になると思います。
イギリスに滞在中お方は、是非!
宿もちらほらありましたよ。


というわけで、ベイクウェル小旅行記でした。







ブログランキング参加中。
クリックお願いします☆
[PR]

by SaoriElizabeth | 2012-03-27 11:57 | イギリス絵日記


<< ヨークシャー訛。      もうすぐイースター。 >>