2012年 05月 30日
ヴィクトリア時代のビルの中に…
こんにちは!
今日も真夏の暑さのシェフィールド。
天気予報では曇りの予報だった今日ですが、見事に晴れ!でした。

b0220053_811781.jpg


というわけで、お昼過ぎに用事を済ませ、夕方ブラブラと近所をお散歩してきました。
この時期、いつまでたっても太陽は高い位置のままで、時間の感覚がフワフワしています。
なので、外に出かけないともったいないと気持ちが逸り、散歩ばかりしています。

というわけで、今日向かったのは、Kelham islandのあたり。
時々お散歩に行くのですが、まだまだ未開拓な辺りなので散歩する度に新しい発見があって楽しい場所です。(ちなみに前回Kelham islandに散歩に行った時のブログはこちら。)



強い日差しのもとブラブラしていると、古いビル発見。

b0220053_8112880.jpg

よく見ると、Craft & Antique Centreと書いてあります。

思い起こせばクリスマスの時期、このビルの前を通りかかった時にバザーをしていたので覗いたことはあったのですが、それ以降ずっと忘れたままになっていました。

文字に惹かれるまま、ビルの中におそるおそる入ってみると…



b0220053_8113965.jpg

広めなスペースにヴィンテージやアンティークの雑貨やお洋服がたくさん!

先日からヴィンテージの話題続きで申し訳ないのですが、発見してしまったのでブログに書かずにはいられませんでした(笑)


b0220053_8114749.jpg

どうやらこのビルは、1854年に建てられ、以前は食料品や雑貨の卸問屋として使われていたらしいです。
The Nichols Building

建物の外見のアンティークさもさることながら、売られているヴィンテージ、アンティークの商品の可愛いことと言ったら…!
お値段もお安めで、思わずいろいろなものを手に取りそうになりましたが、先週末ヴィンテージフェアでお皿も服も買ったばかりなので、とりあえず落ち着こうと思い、今回は購入せずに帰ってきました。


b0220053_8115446.jpg

スカーフやワンピースもたくさん。


b0220053_8122457.jpgb0220053_8121516.jpg


可愛いグレービーボート(写真左)があったので、買おうかどうしようか迷いに迷ったのですが、とりあえず我慢。
今度Burleighに行って、Burleighのグレービーボート見てから決めようと思います。それまで残ってるといいけど。(でも5ポンドはお買い得だと思う!)


b0220053_812751.jpg

可愛い小さな花柄プレートたち。
こうして並べてあると可愛さが倍増します。


b0220053_8124655.jpgb0220053_8124063.jpg


グリーンのリムのスープ皿も素敵。


b0220053_812551.jpg

レトロな柄のカップやプレートも可愛い。


b0220053_8135622.jpgb0220053_814711.jpg


お店の片隅で見つけた、English Ironstoneのプレート。(写真左)Chatsworth Houseの絵入り!
Chatsworth Houseとは、ピークディストリクトにある大きなマナーハウスなのですが、高慢と偏見の映画の舞台としても知られているお屋敷です。
一度行ってとても素敵なところだったので、これは欲しい…!と悩みに悩み…結局柄が少し剥げているのが気になったので今日は買って帰りませんでした。でも5ポンドは安いと思う。。
お店の違う場所で見つけたEnglish Ironstoneのコースター(写真右)とお揃いで使ったら可愛いだろうなー♪と今でも妄想を膨らませています。ちなみにコースターの方は6枚で12ポンド。半額だったら買うのにな。


b0220053_8141973.jpg

2段のケーキスタンドも可愛かった。青色が綺麗。
とにかく至る所に掘り出し物があって、目移りしてしまい、自分を制するのが大変でした。笑

そして、帰ってきて写真を見てみたら、最近の自分の中でのポッタリーブームの影響で案の定食器類ばかり撮ってきていて、アクセサリーやお洋服の写真がほとんどないことに気づきまして……今週末、ダイヤモンドジュビリーのお祝いでこのセンターでもフェアが行われるようなので、もう一度行って来ようと思ってます。今度はちゃんと食器類以外の写真も撮って来ようと思います。



b0220053_8142824.jpg

あ、古い雑誌もお値打ち価格で売られていました。
ヴィンテージのVogueは20ポンド!でしたが、最近の雑誌は50pから。
インテリアやファッション関連の雑誌は、時を経てもペラペラ捲って楽しめるので、今度またゆっくり見てみようかな。




というわけで、こんな田舎町のシェフィールドですが、探せば可愛いお店がたくさんあるんだなぁと今更ながら驚いています。
産業革命に栄えた街だから、19世紀に建てられた古い建物はたくさん残っているし、最近ヴィンテージブームなのか、ヴィンテージやアンティークの洋服や雑貨を扱うお店も多いです。


また今週末のフェアに行ったら、ご報告しますね♪




ブログランキング参加中。
クリックお願いします☆
[PR]

by SaoriElizabeth | 2012-05-30 09:03 | イギリス絵日記


<< ヴィンテージアクセサリー      ヴィンテージフェア in Sh... >>