2013年 05月 15日
Stratford-upon-Avon旅行記その3
夏が近づいてきましたね。
日に日に強さを増す太陽の光が嬉しい今日この頃です。

写真を見返してみると、一年前の自分はちょうどフットボールのヨーロッパ大会を連日パブで観戦していたみたいです。
気楽な学生生活が懐かしい。
最近は、ずっとオフィスにこもりきりの生活です。


さて、今日のブログは、Stratford-upon-Avon旅行記の続きを!

Stratford-upon-Avon旅行記その1
Stratford-upon-Avon旅行記その2


本当は誰にも教えたくないけど、素敵すぎるので少しだけ紹介したい、今日はそんなものすごくものすごくラブリーなB&Bのお部屋について。

B&Bとは、Bed & Breakfastの略で、お部屋と朝食を提供してくれる宿のこと。もちろん普通のホテルもありますが、イギリスにはB&Bがたくさんあって、割とリーズナブルなお値段でお部屋を提供してくれます。
私はいつも、B&Bの家庭的な雰囲気と美味しい朝食が大好きで、旅の前には入念に調べあげます。
「ここ素敵!」と思ったら、迷わず即電話。ネット予約だと空いていなかったり、融通が利かない部屋割りやお値段も、電話で交渉すると意外と安くなったり、無理矢理お部屋を用意してくれて泊まれるようにしてくれることが多々あるので、直接連絡とるのはとってもオススメ!
現地のイベントや交通情報なんかも事前にオーナーさんに聞いておけば、ガイドブックでは知り得ない情報が沢山手に入って、観光がもっと楽しめます。ケーキを焼いて用意してくれるB&Bもあったり。

そんな素敵なB&Bの中でも、私がイギリス一素敵なんじゃないかしら、と思ったのが、ここStratford-upon-Avonにある、とあるB&B。(名前は公表しないので気になる方はこっそり連絡ください :) )

外見は普通の一軒家なのですが、オーナーのおじさんに案内されて部屋に入ってみるとびっくり!

b0220053_0142780.jpgb0220053_072965.jpg



ソファとベッドの上に積まれたクッション、鏡の前に置かれたテディベア、ドアにそっとかけられているローラ・アシュレイのヴィンテージトートバッグ…どれもこれも全部可愛くて、思わず声を上げてしまった程。
ファブリックは落ち着いたペールトーンのピンクと白でまとめられていて、ベッドのフレームやドレッサーの木の色と溶け合って、部屋全体が柔らかな雰囲気で包まれていました。

b0220053_016622.jpg


バス・トイレがカーテンで仕切られているだけなので、おひとりさま向けですが(笑)ベッドは二人でも楽々寝れそうな大きめサイズ。

b0220053_084718.jpg


細部までこだわりぬかれたブリティッシュラブリーな雰囲気に、一瞬にして恋に落ちた瞬間でした。

でも、このB&Bの魅力はお部屋だけじゃないんです。
続きはまた次回。





ブログランキング参加中!
クリックお願いします☆
[PR]

by SaoriElizabeth | 2013-05-15 00:34 | 旅行記


<< Stratford-upon-...      鎌倉散歩 >>