<   2010年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2010年 09月 30日
父と弟と小龍包。
父が仕事で東京にやってきました。

なので、弟と合流し、ディンタイフォンに小龍包食べに行きました。
時間が早かったので、点心でちょうど良かった。
…とかいいつつ、がっつり食べました(´・ω・`)ああ…ダイエット…。

b0220053_23303180.jpg

夕方の早い時間だったので、そこまで混んでおらず。

b0220053_23305572.jpg

小龍包とか、

b0220053_23311829.jpg

サンラータン麺とか、

b0220053_23313426.jpg

エビシューマイとか、

かにチャーハンとか、坦々麺とか、その他もろもろ。

数日前にも母と弟と食事したばかりだったので、弟とは最近会ったばかり。
こうして頻繁に会ってると、一人暮らししてるという感覚がどうもなくなってきます。
父とも、2、3週間前に会ったばかりだし。

小龍包はスープたっぷりで美味しかった(*´ω`*)
さっすがディンタイフォン。
最初に頼んだ籠の小龍包がそんなに激熱じゃなかったので油断していたら、次に来たヤツが激熱で、若干ヤケドしました。しかしこれもまた小龍包の醍醐味♪


●鼎泰豐
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 タイムズスクエアビル12F
03-5361-1381



父は今日、江角マキコと対談したらしく、すっごく綺麗で顔が小さかったと興奮気味に語っておりました。
彼女の顔が小さすぎて、隣りで写真に写るのが嫌だったと言ってたけど、誰もおじさんの顔の大きさなんて気にしないと思うよ(笑)


さぁ明日は休講で学校がオヤスミ。
夏休み終わったばかりですが、早速4連休~♪
英語の勉強しようと思います。
[PR]

by SaoriElizabeth | 2010-09-30 22:51 | おいしいもの@TOKYO
2010年 09月 29日
I have to do more.
寒くなってくると、夏の間お祭り騒ぎしてた頭の中が落ち着いて、まともな思考ができるようになってくる。
今年の夏は、例年以上にお祭りが騒がしくて、とにかく頭の中に毎日アメリカンアイドルの歌が流れてる感じでした。
毎日毎日Katy PerryとかKeshaとかMiley Cyrusとか聞いてたので、常に思考がリズム刻んでる感じ。
とにかくアクティブに動かなきゃー!!と、人との出会いとか、新しいものとの出会いを大切にした夏でした。
それはそれで貴重な体験がたくさん出来たけど、勉強はあまり出来なかった。
動かなきゃ、動かなきゃっ!って、焦りばかりが先行して、空回りしてたのかもしれません。

よーやく秋らしくなってきて、ちょっと頭の中も落ち着いてきたので、そろそろ本気を出さねばです。
先週末から後期の授業が始まり、少しずつ夏休みボケもそろそろ治ってきた頃。

日々、twitterで留学経験ある人とか、海外在住で頑張ってる人と話して、エネルギーもらいつつ、自分も頑張んなきゃなっ!って思い改めてます。
絶対に来年イギリスにもっかい行って、夢への第一歩にするんだっ!(`・ω・´)

IELTSのスコアはなかなか上がりませんが、ここで諦めたら長年の夢が壊れてしまうので、一秒一秒を大切にして、自分のスキルを高めていきたいです。

そして、舞台とか、映画とか、自分自身を磨けるものにもたくさん触れる秋にしたい。
本当は旅行に行きたいんですが、今年はもうLAとノルウェー行ったので、来年まで我慢。身近に楽しめるもので楽しもうと思います。
楽しみつつ、勉強頑張って、夢をかなえよう。


そうそう、なかなかIELTSのスコアが上がらないよーって嘆いていたら、twitterでとても便利なサイトを教えてもらいました。

Australia Network-Study English IELTS PREPARATION

なんと、IELTSのレッスンが、無料でウェブで見れちゃいます。
…とはいえ、教えてもらってから、テキストは印刷したものの、あまり本気で取り組んでない私…こういうとこがハイスコア取れない原因なんだろうな…。
せっかく教えてもらったので、次のテストまでにはもっと活用しようー!



明日は、父が東京に来るらしいので、弟と3人で食事の予定です。
[PR]

by SaoriElizabeth | 2010-09-29 22:03 | DIARY@TOKYO
2010年 09月 28日
Brokeback Mountain
映画観ました。
『10 things I hate about you』のヒースがあまりにもかっこよかったので、彼の代表作を観ておこうと思いまして。

●『ブロークバック・マウンテン』
実は、まだ観たことなかったのですー。
後輩からおススメされてたのですが、なかなか手が出ず。
基本的にハッピーで何も考えずに観ても楽しい映画こそ、本当のエンターテイメントだ、なんて思ってた人間なので、こういった映画は食わず嫌いしてきたのですが、観て本当に良かったと心から思いました。


何か、感想を言葉にしたら、感動が逃げていってしまいそう。

素晴らしい愛が描かれてる、とか、性別を超えた愛だ、とか、そんな陳腐な言葉で語っちゃいけない映画だと思う。

何を書いても感情が空回りしそうで、上手く言葉に出来ません。
ただただ、観てもらいたい映画です。
私のように食わず嫌いせず、まだ観てないなら観てください。

私も、もっと早く観ればよかった。
5年も前の映画なんですね。

ヒースは本当によい役者さんだったんだなぁ。
もっと長く生きていれば、本当に素晴らしい映画をたくさん私たちに届けてくれたことでしょう。


観て激しく泣く、というよりは、じんわり胸を締め付けられてジワジワと窒息させられるような映画です。
生きてることのツラさ、どうしようもない焦燥感と閉塞感、孤独、誰かにしがみつきたくなるような切なさ、愛しさ、自分じゃどうすることも出来ない想い、そしてその中の少しの温かさ、家族の愛、人を想うという誰しもが持つ感情。
まとまらない色の洪水が、観てる人間に降り注がれるような、そんな感じ。

ヒース演じるイニスの、ブロークバック・マウンテンを去った直後の声にならない叫びが、今でも耳の奥でこだまして、思い出すたびに苦しくなります。
あんな泣き声、初めて聴いた。
どうすることも出来ない自分の感情と罪悪感に苛まれている彼の演技に、ただただ脱帽するばかり。
本当に、すごい役者さんです。

自然の描写も素晴らしかったです。
アン・ハサウェイのプラチナブロンドに黒い眉というファッションは少し気になったけど、総じて自然に作りこまれている舞台装置や衣装はこの映画をリアルに引き立てていました。


少しネタバレですが。
このストーリーは、やはりどちらかの死がないと成り立たないと思います。
同性間の愛を描いた話って、大抵どちらかの死によって、永遠の愛を誓う、みたいなストーリーな気が。
彼らにとっての愛は一緒にいることであり、一緒に眠ることであり、一緒にブロークバック・マウンテンでの日々のことを共有することであるということだと思うんですが、そのバランスが取れなくなった時でも互いのことを忘れられないというのが、男女の恋愛との違いかなぁと。
男女間だと、障害や想いのバランスの欠如によって「別れる」という選択肢が出てくるけど、彼らの中には「別れる」という選択肢がなかったんじゃないかな。
そもそも、「付き合う」とか「結婚」とかそういう概念で縛られている二人ではないので、形のない愛の継続の将来性のなさが、不安だったんだろうなぁ。



良い映画でした。
ほんとに、久しぶりに、ラブコメディ以外も観てみるもんだ、と思えました。
羊かわいかったです。
[PR]

by SaoriElizabeth | 2010-09-28 23:57 | REVIEW
2010年 09月 27日
東京ブラリ食べ歩き。
この土日、母が東京に遊びに来ていたので、一緒にブラブラと東京見物に出かけました。
とはいえ、もう何度も来ているので定番の観光コースに行くのは止めて、美味しいものを食べよう!と、食べまくった二日間でした。


*土曜日*
b0220053_23175489.jpg

まずは築地でお昼ゴハン。
b0220053_23182843.jpg

生うに定食!
b0220053_23192032.jpg

とろっとろのウニが大量に目の前に!
超濃厚で感動の美味しさでした。
ウニ好きにはたまらない定食です。
中オチもついてて、そっちもとってもトロトロー(*´ω`*)
量が多いかな?とも思ったのですが、ペロリと食べれちゃいました♪

20分くらい並んで入れましたが、外の席だったので真夏や真冬はちょっとツラいかも。
この日はとっても良い天気で、暑くもなく寒くもなく、ちょうど良い気候で、外で食べるのも気持ちが良かったです^^

築地でランチも良いですねー。
土曜日はそんなにお店はやってないのかと思っていたんだけど、意外と普通にお店やってました。
今度は平日に行ってみよっと♪
築地って意外と近いのに、朝早く食べに行かなきゃ行けないイメージがあってなかなか行けなかったのですが、今度からはフラリと美味しいお魚ランチ食べに行こうー。

●鈴木水産
東京都中央区築地4-11-2
03-3541-7860




お昼ゴハンの後は、母が見たがっていた個展へ。
b0220053_23195317.jpg

竹宮恵子の原画展を見てきました。
私も母の影響で幼い頃から読んでた漫画家さんなので、原画が見れたのは嬉しかったー^^
『風と木の詩』が大好きなのです。
ファンの方は、もう少しやってるみたいので、京橋へ急げ!

詳細は竹宮恵子公式サイトから。




それから、代官山まで移動。
ブラブラお散歩しつつ、お気に入りのカフェへ!
b0220053_23204349.jpg

ジブリアニメに出てくるかのような外観♪
b0220053_2321174.jpg

パイが美味しいと人気のカフェです。
代官山駅から、大通りのほうではなく、恵比寿方面に進んだところにあります。
お茶の時間には並んでることが多いお店ですが、この日はタイミングよくすんなり入れました。
でも、お店の中はほぼ満席でしたー。
b0220053_23211923.jpg

中も、オールドアメリカンな雰囲気の、素敵なお店です。
内装もさることながら、ここの人気の理由は、ケーキのボリューム♪
b0220053_23215730.jpg

こちら、母が頼んだ木の実のパイ♪
b0220053_23223282.jpg

こちらは、私が頼んだブルーベリーのパイ♪

超ボリューミーだけど、ペロリと食べられる美味しさ!
甘すぎず、パイがサクサクで、とーーっても美味しいのです。
初めて見たときはその分厚さに感動しますが、食べてみてもっと感動すること間違いなし。
文句なしにおススメのお店です。

●ママタルト代官山
東京都渋谷区恵比寿西2-15-9 代官山フラット1F
03-3770-0620


そして、カフェを出た後も代官山をブラブラ散策し、雑貨屋さん巡り。
b0220053_2323369.jpg

途中、ぬいぐるみみたいな子にも出会い。
お花屋さんに入ったら、丸まっててビックリしましたー。
猿楽町のお花屋さんです。代官山に行ったら是非探してみてください☆
素敵なお花屋さんでした。




そして、日が暮れたので新大久保へ移動。
弟とも合流し、韓国料理を堪能。
b0220053_23233736.jpg

ホントは違うお店に行きたかったんですが、超行列だったので断念。
近くのお店に入りました。
b0220053_2324068.jpg

もっちり分厚いチヂミ。
b0220053_23242046.jpg

サムギョプサル。

韓国料理食べるたびに、韓国行きたいー!っていう想いに駆られます。
家から30分ほどでコリアンタウン新大久保には行けるけど、やっぱり韓国で韓国料理三昧したいなー♪
近いからこそ、すぐ行けると思えば思うほどなかなか行けないんですよね。

弟とは10日ほど前にも会いましたが、母と弟と3人での食事は久しぶり。
久しぶりにいろんな話しが出来て楽しかったー☆




*日曜日*
次の日は、下北沢をお散歩。
ランチに、またもやお気に入りのカフェに母を連れてゆきました。
b0220053_23244974.jpg

母が頼んだ野菜のドリア。スープつき。
b0220053_23251681.jpg

私の頼んだロコモコ風ハンバーグ丼。
チキンのハンバーグで、優しいお味でした。
オーガニックのカフェで、有機野菜を使っているとのこと。
お店の中がとっても良い香りで、いつも癒されるお店です。
ドッグカフェなので、私たち以外のお客さんは皆ワンちゃん連れてました。
ちょっと分かりづらい場所にあるお店なので、きっと常連さんや犬好きさんが集まるお店なんだろうなー。
お店の人がとっても親切で、何度も通いたくなるカフェです。
ここのさおり的おススメは、ハーティータワーというパンケーキのタワー。
是非、お茶の時間に行って、ハーティータワー試してみてください♪きっと見た瞬間、きゃーーっと嬉しくて叫びたくなるスイーツですよ(*´ω`*)

●HEARTY CAFE
東京都世田谷区北沢2-38-4 DOG Bldg. 1F
03-3460-1139


ところどころでお買い物しつつ、お昼過ぎには母を空港近くまで送り、お別れしました。

食べてばかりでしたが、久しぶりに女二人で楽しめた二日間でした。


さぁーこの土日に遊んだ分、今週は勉強とバイト頑張らなくちゃ!
とは言いつつも、このブログを書くのに結構時間使っちゃってるので、今から頑張ります。。。

やはり、起きたらお昼の2時だった、みたいな生活はそろそろ改めないとな…orz
[PR]

by SaoriElizabeth | 2010-09-27 15:23 | おいしいもの@TOKYO
2010年 09月 27日
10 Things I Hate About You
映画観ました。


●『10 Things I Hate About You』


ヒース・レジャー、ジュリア・スタイルズがハリウッドデビューした作品。
10年位前のものです。
シェイクスピアの『じゃじゃ馬馴らし』がモチーフ。
ちなみに何だか良く分かりませんが、日本語のタイトルは『ヒース・レジャーの恋のからさわぎ』。…シェイクスピアよく知らない人がつけたのかな…支離滅裂なタイトルですが、DVD発売してくれたことに感謝。
日本では劇場公開はなく、DVD発売もヒースの死後だったようです。

もうとにかく、ヒースの魅力にキュンキュンしっぱなし。
あまりにもステキすぎて、一回目観終わった直後にもう一回観ました。
で、2回とも泣きました。
エンディングで感動したからっていうのもありますが、涙を誘われた第一の理由は、もうこの笑顔には会えないってことが無性に寂しかったから。
画面の中のヒースの笑顔があまりにも優しくて、素敵で、かっこよすぎるので、限られたフィルムの中にしか彼の笑顔が残っていないことが無性に切なくなりました。
28歳の死は、あまりにも早過ぎだよね。
改めて、こんなにも素晴らしい演技をする俳優さんがいなくなってしまったことが惜しくて仕方がありません。

全部が見所だと思うんですが、特に、ヒースが歌うたう場面。
私まで心臓バクバクしちゃって、一人で叫んでました。おちゃめで可愛すぎる。
あと、カラーボール(?)ぶつけあうシーン。大きな身体で動き回り、ヒロインを抱きしめる感じがかっこよすぎました。


ヒロイン役のジュリア・スタイルズの演技もすっごく良かった!
フェミニストで、お堅くて、でも根はとても女の子らしいキャットを生き生きと表現してました。
どのシーンも自然な演技で、好感持てました。
ホントは傷つきやすいのに、無理矢理強がって自分を保とうと必死になってる様子が、同じ女子から見てとても可愛かったです。

全体的にとてもテンポの良い映画で、ガールズバンド好きな人なら音楽も楽しめる映画かなーと思います。
私は劇中に出てくる感じの音楽すごく好きなので、主人公と一緒になって楽しめました。

『じゃじゃ馬馴らし』モチーフとは言えども、シェイクスピアの描いたストーリーの本質的なものにはあまり触れておらず、あくまでも楽しい青春ラブコメディに仕上がってます。
フェミニズムとか、家父長制とか、そういう難しいことは抜きにしつつも、ティーンズの人間関係の葛藤は薄っぺらい描写ではなかったと思います。
コメディの中にも切なさがあって、でも終始キュンキュンさせられて…っていう素敵な映画でした。

ちなみに、ヒース演じるパトリックのファミリーネームがVerona、ジュリア演じるキャットのファミリーネームがStratford。ちょっと安易なんじゃないだろうか(笑)
個人的には、シェイクスピアに恋してる女の子が出てくるのがツボでした。ウィリアムに恋しちゃう気持ち分かるわー(笑)こんなにロマンチックで素敵な詩を書ける人、他にいないものね。


最後に、キャットの読む詩が素敵なので、載せておきます。
タイトルにもなってる、"10 Things I Hate About You"。
マイリー・サイラスの歌にもこんなのあったよなーとか思いつつ(多分映画の方が最初)見事に共感できる内容と、ジュリアの演技に泣かされたシーンでした。

I hate the way you talk to me,
And the way you cut your hair.
I hate the way you drive my car,
I hate it when you stare.
I hate your big dumb combat boots
And the way you read my mind.
I hate you so much it makes me sick,
It even makes me rhyme.
I hate the way you're always right,
I hate it when you lie.
I hate it when you make me laugh,
Even worse when you make me cry
I hate it when you're not around,
And the fact that you didn't call
But mostly I hate the way I don't hate you,
Not even close…
Not even a little bit…
Not even at all.
[PR]

by SaoriElizabeth | 2010-09-27 00:38 | REVIEW
2010年 09月 24日
ドーナツ。
母が東京に遊びに来てます。

ということで、最近ハマってるflorestaのドーナツ購入。
母にも食べさせてあげることにしました。

b0220053_2313485.jpg


素朴な感じで美味しいのです。
明日の朝ごはんにしよーっと♪
ネイチャーとシュガーとシナモンとチョコレートとカカオひとつづつ。
出来たばかりの店舗で、いつも行列が絶えません。
今日も並んで買いました。
行列が少なくなったら、季節のドーナツも売り出してくれるようになるかな?
今はお客さんが多いからなのか、定番ドーナツしか売ってなくて、ちょっと切ないです。


今日は夏休み明け最初の授業がありました。
がしかし、見事に夏休みボケ。
早く感覚を取り戻さなければー…!


明日と明後日は、母を案内して東京観光してきます。
もう何度も来てるので、今更東京タワーや浅草やお台場みたいな定番コースには行かないつもりですが…さぁどこ行こうかなぁ。
代官山なら案内できるし、ブラブラとカフェにでも案内しようかなぁ。

でも、台風来てるみたいですね。
天気悪そう。
雨天決行できるような観光ルートを考えたいと思います。


さて、これからまた母とワインで酒盛り♪
ゴハン(手料理でもてなしたのだ☆)の時もワイン飲んでたので若干もうお酒回ってる感じですが、あとちょっと、久しぶりにのんびりとワイン片手に楽しもうと思います。
[PR]

by SaoriElizabeth | 2010-09-24 22:29 | おいしいもの@TOKYO
2010年 09月 23日
Not Like the Movies
雨ですね。
急に寒くなりました。なのに私は未だにキャミソールのルームウェアを着ていて、風邪引きそうです。

今日は祝日なので学校の図書館は閉館。
トレーニングセンターも閉まってるのでプールにも行けず、研究室も閉まってるので勉強も出来ず。
雨も降ってるので、一日中ひきこもりしてます。

武内直子の漫画に、『レイン・キス』っていう作品があるんですが、雨の日は その漫画のことをよく思い出します。
彼女の漫画を読むと、雨っていいな~と思う。
雨が、真珠のレースに思えてきたり。
雨の日に暖かい部屋で暖かい飲み物飲みながら、窓の外の雨を眺めるのが好き、って言ってたのも武内直子だったかなー。
雨の日は、ココアが良いです。


でも、今日の天気は真珠のレースっていう可愛いものではないですね。
朝、近くに落ちたんじゃないかってくらい大きな雷の音で目が覚めました。
朝から寒くて、一気に冬がやってきたみたい。
今年は秋がないのでは?

こんな日は、お部屋にこもって音楽でも聴いてのんびりしましょう。



Katy Perry - Not Like the Movies♪

とはいえ、ここ2ヵ月半ほど、雨が降ってなくてもおうちでのんびりしてた私は、とうとう追い詰められてます。
今日で長かった夏休みが終わるのです。
ああ、手元には大量の課題…8月末の小学生の気分です。。


それにしても、Katyの声、可愛すぎる。セクシーなハスキーボイス。
彼女の声もルックスもキャラクターも、もちろん曲も大好きです。
生まれ変わったらこんな女の子になりたい。
[PR]

by SaoriElizabeth | 2010-09-23 17:12 | DIARY@TOKYO
2010年 09月 23日
最近観た映画。
*最近観た映画*

誕生日前日、ハッピーな気分になりたかったので、ミュージカル映画ばかり借りてきました。
とにかく、キラキラした気分になりたくて…!

●『マンマ・ミーア!』


公開当時、そして四季が公演してた時、ずっと観てみたいな~とは思ってたものの、タイミングが合わず観れなかった作品。
ほんとーに前編ABBAなんですね!
若干、「この曲使いたいがためにこの心理描写を無理矢理ねじ込んだんじゃ…」なんて思うシーンもあったりしましたが、このコンセプトじゃそれはしかたがないよね。
それに、舞台で観たらもっと自然にミュージカルなのかもな~とも。
とはいえ、映画だからこその素晴らしいギリシアの風景が楽しめたのは良かったです。
ギリシア行きたいなー。あんなところでずっと暮らせたら、きっと幸せだろうなぁ。今経済が大変みたいだけど。
個人的には、コリン・ファースの役どころが切なすぎて、泣きそうになりました。(いろんな意味で)
英国人躍らせちゃいかんよね…ヒュー・グラントも映画で踊ってたけど、なんで英国紳士ってダンスが似合わないんだろうね。。。
いやそれにしても、観るだけでハッピーになれるとはこのことだよなぁと思わせてくれるような、幸せオーラに包まれた映画でした。
今度は、ブロードウェイでミュージカルが観たい^^




●『ヘアスプレー』


こちらも、劇場公開、公演が来日してたとき観に行きたかったのですが、観に行けず。
人種間の問題も扱ったストーリーだったんですねー。
ラブストーリーだけじゃなくて、意外と人種間のコンフリクトが描かれてて、ハッピーな中にも考えさせられるところがありました。
でも多分、この映画は、思いっきり踊ってはじけて歌いまくるのが正解なんだろうな。
ジョン・トラボルタがステキでした。
でも、ザックはもっとステキでした^^笑
ミーハー気分で観ると、最高に楽しい映画でした。
おでぶちゃんでもハッピーエンドが手に入れられる!と希望が持てる映画ですね。コンプレックスも魅力でしょ、って前向きになれる映画でした。




●『ドリームガールズ』


こちらも、キラキラを求めて一緒に借りたのですが、思った以上にしっかりとした映画でビックリ。
すごく良かったです。
とにかく、ビヨンセとジェニファー・ハドソンの声が素晴らしい。
ジェニファー・ハドソンがドリームガールズを抜けるときの叫びのような歌と、ビヨンセの歌う『LISTEN』が観終わっても心に残ってます。すっばらしかった。
あと、無理矢理劇中に歌をねじ込んでない感じも良かったな。
自然に入り込めました。
ビヨンセは、ストーリー上歌声を抑えて歌ったのだとか。それでも神がかってるなーと思わせる彼女の存在ってすごい。
このお話は実話だそうで、ビヨンセのモデルはダイアナ・ロスだということで、これ観終わった後、即ダイアナ・ロス聴きました。笑
実際はジェニファー・ハドソンのモデルとなった人はすぐに亡くなってしまったらしいのですが、昔から母の影響で聴いてたダイアナ・ロスの歌の背景にこんなお話があったのね、と改めてじっくり聞き入ってしまいました。
これもいつかブロードウェイで観たい。
でも、ビヨンセとジェニファー・ハドソンの歌唱力とルックス(ジェニファーのぽっちゃりも可愛い^^)があったからこそこんなに素晴らしい映画になったんだろうなーと思うと、舞台はキャストが素晴らしいときに観たいなと思ったり。
…あ、今調べたら、今年の春Bunkamuraで来日公演してたみたいですね。観に行けばよかった!
[PR]

by SaoriElizabeth | 2010-09-23 13:58 | REVIEW
2010年 09月 22日
椿姫。
英国ロイヤル・オペラの『椿姫』観てきました。
NBSの学生割引で、なんと8000円という値段で…!
席は何と2階席。後ろのほうではありましたが、とても観やすい席でした。

そしてなんとなんと…!
今日はゲオルギューの代わりをしていたヤオが降板というハプニングがあり、『マノン』で来日していたネトレプコがヴィオレッタ歌ったのです!
公演直前に、学生券が余ってたので勢いで取ったチケットでしたが、ネトレプコのヴィオレッタが聴けたなんてラッキー。

とは言うものの、私そんなにオペラには詳しくないので、ネトレプコが有名な歌い手さんだというくらいしか知らず…。。
歌唱力云々とか語れないのですが、でも、こんなど素人にも素晴らしい歌声だと分かるくらい、ネトレプコの歌声はすごかったです。
幕が開き、1幕の「乾杯の歌」から鳥肌立ちっぱなし。
とにかく白いドレスの似合う彼女がクルクルと回りながら、客席全体にキラキラ舞い落ちてくるかのような歌声で歌う姿は圧巻でした。
どうしたらあんなに綺麗に震える声が出るんだろー。

2幕2場は、黒いドレスで出てくるヴィオレッタですが、それまで健康的に見えていた彼女が、一気に弱弱しく見え(オペラグラス忘れた私は、顔が良く見えなかったので、一瞬本当に人が変わったんじゃないかと思うくらいの変わりようでした)歌唱力とともに演技力もすごいなぁと感動。
1幕では、ヴィオレッタにしては少しふくよかだよなーとか思ってたのですが、2幕2場からの彼女の儚さっぷりはさすがでした。

3幕の「さようなら、過ぎ去った日よ」を歌うヴィオレッタの姿には、思わず涙を誘われました。
もうね、何か、悲しさの全てがわーーーって襲ってくる感じ。悲しみを湛えた歌声が、ストレートにぶつかってきて、吸い込まれてしまいそうでした。


相手役のアルフレード役のジェームズ・ヴァレンティは、アメリカ出身の若手のホープらしく。
身長も高くイケメンさんなので、舞台で凄く映えてました。
若さで愛に暴走する感じもよく似合っていて、情熱的なアルフレード、いい感じでした。


椿姫は、中学生の頃から大好きなお話。
映像ではオペラも観たことありましたが、やっぱり生で歌声聴くと、一気に引き込まれてしまいますね。

とはいえ、デュマ・フィスの原作が大好きな者としては、端折り方に少し残念さを感じたりも。
もっと複雑な話なのになぁ…とは思いましたが、こればっかりはオペラなので仕方ないですよね。


カーテンコールでは、何度も何度も出てきてくれて、結局何十分も拍手が続きました。
SAYONARAと書かれたボードが印象的でした。
[PR]

by SaoriElizabeth | 2010-09-22 22:50 | REVIEW
2010年 09月 22日
新スタート
21日で、23歳になりました。
これを機に、ブログをお引越ししました。
21歳から22歳までの記録は、こちら。主に、2ヶ月間イギリスに滞在してたときの様子が綴ってあります。

シェイクスピアについて、イギリスにいたときのことについて、そして大好きなものについても時々語っていきたいと思います。
来年には留学したいと思ってるので、そのうちイギリスの日常を書き綴る予定。

b0220053_22511752.jpg

[PR]

by SaoriElizabeth | 2010-09-22 03:05 | ABOUT