<   2011年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2011年 04月 30日
ロイヤルウエディングのおはなし。
2011年、4月29日。
イギリスのウイリアム王子と、キャサリン・ミドルトンさんの結婚式がロンドンのウエストミンスター寺院で行われました。

日本でもテレビ中継されましたし、ニュースでも持ち切りだったので、見ていた人も多いのでは!

私はというと…もちろん見てました♪テレビとネットの2台体制でかじりついてました(笑)
チャールズ皇太子とダイアナ元妃の時は生まれていなかったので、生まれて初めての盛大な英国ロイヤルウエディング。
王子様と結婚だなんて、世界中の女子の憧れよね〜と惚れ惚れしながら、きらびやかな結婚式の様子を堪能しました。


b0220053_23561762.jpg


ゴシップの耐えないイギリス王室ですが、ケイトの明るい笑顔と王子のちょっと照れてる感じでケイトを見つめる優しいまなざしを見ていると、この二人には絶対幸せになってほしいなーと心の底から思いました。


最近は、不倫、離婚、慰謝料、などなどと悪い噂で持ち切りな最近のイギリス王室。
イギリス王室って、思い起こせば400年以上前、エリザベス1世のお父さんヘンリー8世の時から既にドロドロの離婚劇を繰り返していました。
彼が6人もの奥さんを乗り換え、離婚したいがために奥さんたちを死刑にしていったのは有名なエピソード。
カトリックは離婚が許されていないので、自分のために新しい宗教「イギリス国教会」まで作ってしまったという、とんでもない王様でした。
そんな流れを汲むイギリス王室。
最近はエリザベス2世が「開かれた王室」を目指していろいろと取り組んでいるそうではありますが。
民間出身のケイトが新しい風を招き入れてくれることに期待してます。



それにしても、彼女の、にこーって笑う笑い方が、ものすっごく可愛いと思いません?
品のある服装が似合うケイトだけど、実は普通におてんばでいたずらっ子な部分も持ち合わせているんだろうな、と思わずにはいられない笑顔です。


現代のシンデレラストーリーを垣間見て、何だかとっても幸せな気分になれた一日でした。





ブログランキング参加中。
私も王子様と結婚したい!って人は是非クリック☆
[PR]

by SaoriElizabeth | 2011-04-30 19:29 | イギリス絵日記
2011年 04月 30日
ロイヤルコペンハーゲン。
去年の6月、スカンジナビア政府観光局さんのトラベラーに選ばれてノルウェーを旅してきたのですが、そのときに撮った写真が、観光局さんとSAS主催のスマイルフォトコンテストで入賞したようです。
(顔と本名が載ってるので、あえてリンクは貼りません。笑 ご興味のある方は検索を…)

というわけで、先日うちに賞品が届きました。
b0220053_3201279.jpg

ロイヤルコペンハーゲンの包み。
さすがスカンジナビア…!
デンマークは乗り継ぎで滞在しただけでしたが、懐かしい北欧の思い出が蘇ってきて何だか嬉しい^^

b0220053_3222953.jpg

開けてみると、可愛い柄のトレイでした。
何でも、本来裏面にあるスタンプを、あえて表の柄にしたシリーズなのだとか。
シンプルで、すっきりとしたインテリアに似合いそうですよね。

あいにく私の部屋は今こんな可愛いトレイが似合う状態ではないので(留学のため、既に引っ越し準備中)、今度新しいお家に引っ越してから使おうと思います♪


懐かしいなぁ、北欧…♪
それにしてもスカンジナビア政府観光局さんには、旅にも連れて行ってもらい、コンテストの賞品までもらい、何だか至れり尽くせりというか…むしろこんなに戴いて良いのだろうか、と思ってしまうほどです。
どうもありがとうございました^^

絶対にまた、訪れたい国ノルウェー。
今度は別の場所のフィヨルドを見に行きたいな♪
前回は夏に行ったので、今度は冬に行ってオーロラを見る、というのも良いかも♪

旅の途中に出会った大切な人たちにも会いたいし、絶対絶対近いうちに再訪したいです。

次行く時は、ノルウェーだけじゃなくて、デンマークやフィンランドにも行きたいなぁ。





ブログランキング参加中です。
北欧好きさんは、ここをクリック☆
[PR]

by SaoriElizabeth | 2011-04-30 03:33 | DIARY@TOKYO
2011年 04月 27日
ホストファミリーのおはなし。
見切り発車で始めたこのイギリス絵日記。
方向を模索中であります。

そんなこんなで、前のブログでイギリスいた日々を綴ってはいるのですが、そんなの読むのは面倒くさいと思ったあなたのために、日本出発からホストファミリーに出会うまでをさらっとまとめてみました。


丸一日にも及ぶ、世田谷からエクセターまでの旅を経て、ようやくたどり着いたホームステイ先。
ステュワート家は、子供3人とホストマザーとホストファザーの5人家族でした。
b0220053_2357830.jpg


ホストマザーのニコラとホストファザーのイアン。そしてサムとブロンウェンとフレヤという3人の子供たち。
とにかく子供たちが可愛くて可愛くて、毎日朝から晩まで家にいる時は常に一緒に全力で遊んでました。

ニコラとは年も近かったので、いろんな話をして、イギリスの面白い文化の話をたくさん聞きました。
私の拙い英語にも真剣に耳を傾けてくれて、休みの日には何時間もダイニングで語り合ったのがすごく懐かしいです。
彼女はウェールズ出身で、自分の出身地に誇りを持っていたので、日本から来た私のイギリスカルチャーショックにもすごく理解を示してくれて。
いちいち質問する私に、丁寧にひとつひとつ説明をしてくれました。

私は数ヶ月だけの語学留学だったので、大学の寮ではなくホームステイを選びましたが、ホームステイにして良かったなと心の底から思います。
イギリス人と寝ても覚めても一緒に過ごせるし、生活実態も垣間見れるし。
一緒に暮らすことで、絶対にコミュニケーションをとらないといけないので、英語力もぐんとアップすると思います。
特に子供がいる家がおすすめ!最初、英語が喋れなくても、子供とならテンションだけでコミュニケーションとれるので、寂しい思いをすることが少ないと思います。

早朝から子供たちと全力で遊び、学校に行って、帰ってきたらまた遊んで、ゴハン食べて、課題をして、寝る、みたいな生活。
ブロンウェンとフレヤの可愛さには、異国の地で何度も何度も癒されました。


そうそう。
そんなステュワート一家から、この前手紙が届きました。
あれから2年経ち、3歳だったフレヤが小学生になったらしい。
時が経つのってなんて早いんだろう!

今度会ったらもっと流暢に会話出来ると良いな。
お土産いっぱい持って、エクセターに訪ねたいな、と今からワクワクしてます。




ランキング参加中です。
こちらをクリック☆
[PR]

by SaoriElizabeth | 2011-04-27 02:01 | イギリス絵日記
2011年 04月 26日
葉っぱ見。
日曜日。
お昼過ぎに起きてのんびりと部屋の掃除+洗濯をしていると、大学の時の友人から電話が。


「葉っぱ見してるから早く来てよ!」



葉っぱ見って何…と聞き返す余裕もなく、テンション高めのまま切れた電話。

ということで、呼ばれるがまま近くの公園にお出かけしてきました。
行ってみると、懐かしい面々がたくさん。

b0220053_1573758.jpg

公園は、言葉通り「花見」ではなく「葉っぱ見」しか出来ないくらいの新緑に溢れた状態でした。
でも、久しぶりに青空の下でのんびりして、すごくリフレッシュ。
大学卒業して一年以上経つけど、こうしてイベントごとに集まれる友人がいるっていうのは、良いものですね^^

b0220053_203532.jpg


この水曜日からインドに旅立つ友達とも最後に会えたし、良かった良かった。

今年はお花見は出来なかったけど、葉っぱ見出来たので、良しとしましょう。






ランキング参加中です。
今日は絵日記じゃなかったけど、
葉っぱ見わたしもしたよ、って人は是非クリック☆
[PR]

by SaoriElizabeth | 2011-04-26 02:05 | DIARY@TOKYO
2011年 04月 25日
イースターのおはなし。
日付変わっちゃいましたけど、4月24日はイースターでした。
イースターは年ごとに日付が異なるので、日本にいてさほどイースターを意識しない生活をしていると、覚えるのが大変。
でも、キリスト教文化圏の人々にとっては、とっても重要な祝祭日なのです。

b0220053_2213033.jpg

イースターエッグ、という言葉は日本でもなじみがあるものかもしれませんが、元々卵は異教のシンボルだったらしいです。
卵もウサギも、土着の宗教で豊穣や多産のシンボルとされていたものなのですが、その後入ってきたキリスト教徒混ざり、今のイースターの形になったのだとか。
と、そんなことを、ホームステイしていた家のホストマザーが教えてくれました。

でも、子供たちにとっては、「チョコレートを食べる日」らしい。
キリスト教とか、関係なしです。

イースターが近づいてくると、街中が一気に華やぎます。
お店の中も、イースターのディスプレイになり、春めいた装いに。
チョコレート屋さんには色とりどりの卵の形をしたチョコレートから、ウサギの形のチョコレート、ニワトリやヒヨコの形のチョコレートまで、たくさんの新作チョコレートが並びます。
普通のスーパーも、イースターエッグだらけに。日本のバレンタインデー並に、どのお店もイースター尽くしになるのです。

それもそのはず。ヨーロッパにはイースターホリデーというものがあって、みんなその休暇を待ち望んでいるから、長い冬の終わりとともにイースターを全身全霊を込め祝うのです。
日本のゴールデンウィークよりも少し時期が早いので、まだ少し寒さの残る時期なんですが、皆、その時期に合わせて旅行の計画を立てたりしてました。


卵とウサギがシンボルの祭日なんて、すごくかわいいですよね。
イースターホリデー真っ最中の今頃、ヨーロッパ中が卵とウサギで溢れ返っているのかなぁ。



ランキング参加中。
イースター休暇欲しい人はクリック☆
[PR]

by SaoriElizabeth | 2011-04-25 02:57 | イギリス絵日記
2011年 04月 24日
思い出のエクセター。
何から絵日記描き始めようかな、と思ったときに、真っ先に思い浮かんだのが、エクセターでの思い出。
エクセター滞在中のブログを読んでくださってた人にとっては、もうご存知な話かもしれませんが。


もう2年前のことになってしまうんですが(そんな前だなんて信じられない…)2ヶ月間だけ住んでいた街です。
イギリス南部のデボン州の州都です。
イギリスの中でも比較的暖かな地方で(とはいっても、冬から春にかけての滞在だったので、雪降ったりもしましたが)近くには港町があって夏には賑わいを見せる、暮らしやすいところでした。


b0220053_21030.jpg


街の中心部にはゴシック様式の回廊が美しいエクセター大聖堂。
大聖堂の前には芝生が広がっていて、晴れの日には
b0220053_2350099.jpg

こんな感じで、街の隅々から人々がひなたぼっこしに集まってました。

大聖堂の前にあるカフェのクリームティーがおいしくておいしくて、何度も足を運んだ記憶が。
クロテッドクリームたっぷりのスコーンと紅茶でお茶することをクリームティーと言うんですが、デボンはそのクリームティーの発祥の地なのです。
他の街では生クリームのところも多いけど、デボン州のクリームティーにクロテッドクリームはかかせません。
このクロテッドクリームが濃厚でものすんごく美味なのです。
ああ、思い出しただけで食べたくなってきました。


大好きな街、エクセター。
思い出せば思い出すほどに、蘇ってくる思い出は尽きません。



で、何でこんな思い出話をしているのかと言いますと。

2年のブランクを経て、ようやくまた、渡英出来ることとなりました!

今年の夏から、今度はエクセターよりももうちょっと北にある、シェフィールドという街に滞在する予定です。
期間は一年間。
シェフィールド大学で演劇学と英文学を学んでくる予定です。


大好きなイギリスのことを多くの人に楽しみながら知ってもらうために、絵日記として綴っていこうと思います。
もちろんブログなので、普通の日々のことも書きますが、カテゴリー分けて読みやすくするつもりです。






ランキング参加してます。
クリームティー食べたくなった人はクリック☆
[PR]

by SaoriElizabeth | 2011-04-24 00:03 | イギリス絵日記
2011年 04月 17日
絵日記はじめました。
絵日記はじめました。




過去に他のブログで書いていた記事も移動しました。



絵だけでなく、写真入りの日記も書いていくかとは思いますが、日本での日々、イギリスでの日々、そして大好きな旅行先でのエピソードを描き綴っていけたらな、と思っています。
[PR]

by SaoriElizabeth | 2011-04-17 18:47 | ABOUT
2011年 04月 10日
フレンチ・ウィンドウ展。
机の上の配置換えをしまして、今日から本格的にMac使い始めてます。

が、全然分からないことだらけでちんぷんかんぷん…。

慣れるまで、時間がかかりそうです。。。



とりあえず、Macから初めてブログ書いてみようと思います。

昨日は、大学時代の部活の友人と久しぶりに再会し、美術館に行ってきました^^
b0220053_2122148.jpg

森美術館のフレンチ・ウィンドウ展。

正直、現代アートって全然よく分からないです。
(とはいえ、現代っていうほど最新のアートの展示会ではなかったけど)

でも、そのよく分からないものだらけの空間の中で、頭がぐるぐるしてきそうな感覚が面白かったです。

これもアートなのね。あ、こういうのもアートって言っちゃって良いわけね。っていう、驚きの連続。


個人的には表象されているものが分かりやすく提示されている古典芸術が好きですが、こういう頭いくら使っても答えが見えてこない展示物を観るのもたまには面白いな、と思いました。

そうなんです、何分見つめ続けても何を表そうとしているのか全然分からなかった。
私の想像力が乏しいのか、将又答えがでないことこそが正しいことなのか。

百合の花を持ち青い色の服を着た女性の肖像画とかの意味合いを考えるのは難しくないですが、鍵でがんじがらめにされた自転車から何かを見出そうとするのはとても難しかったです。



美術館を出た後は、ずっと展望台でおしゃべり。
b0220053_2131625.jpg

生憎の曇り空だったけど、時々雲の隙間から光が差し込んでくる様子がとてもキレイでした。


結局夜中まで呑み、久しぶりに語り明かした休日でした。




楽しかった時代を共有出来る友人がいるっていうのは、とても有り難いことだな、と思います。
でも、過去の自分と今の自分の差がありすぎて、プライドばかりが高くなってしまう自分に気づき、反省。
もっと、常にニュートラルでありたいな。



さあ、明日からまた仕事です。
頑張ろー。
[PR]

by SaoriElizabeth | 2011-04-10 23:47 | REVIEW
2011年 04月 03日
白金でランチ。
毎月欠かさず会ってる大学時代の親友たちと、今月もゴハンに行ってきました。

今月は白金台でランチビュッフェ~♪

b0220053_292767.jpg

●ペルレガーロ
東京都港区白金台4-9-10 白金台グリーンリーブス 1F・2F
03-5789-9866

撮影とかでよく使われてるお店らしい。
店内にテラス風の席もあって、太陽光がたくさんある日は気持ちが良さそうでした^^


b0220053_294957.jpg

お料理はイタリアン♪
品数はすごく多いわけではありませんが、野菜がたくさんあって嬉しかったです。
ドレッシングやソースもいろいろ選べて、たくさん試せるのが楽しいです。

トマトとローストチキンがとってもおいしかったー(*´ω`*)

b0220053_2101056.jpg

ピザ。

b0220053_2103984.jpg

もう一皿(笑)
トマトがすごく美味しくて、大量にいただきました。
パンも、友達と盛り上がるくらい美味しかったです。

これでランチ1000円は超お得!!
休日のランチも同じ値段なので、普段仕事があってゆっくりランチできない方々にもおススメです。



今日もたくさん栄養摂取しました。


帰り道に珍しく友達と渋谷でお買い物。
一緒にロスのフォーエバー21で盛り上がった友達なので、妙なテンションで渋谷のフォーエバー21は下から上までウロウロし続けました。
アメリカもう一回行きたい!

でも韓国も行きたい!

行きたいところいっぱいだけど、マックかったしカメラ買うしペンタブも新しくするからお金がない!(笑)


ということで、最近週5で働いています。いや別にお金がないので働き始めたわけじゃないんですが。

何故か、編集アシスタントに加えて、社長秘書の仕事もすることになりまして。

当初は編集アシスタントとしてアルバイトしてたんですが、先日、社長室でも働いて欲しいと人事の方からお話があり、編集アシスタントをやってない時間だけ秘書として働くことになりました。

秘書検定など持ってない全くの素人の私ですが、英語を使う機会もあり、いろんな雑誌の編集長の方々ともご挨拶する機会もあり、とても良い経験をさせていただいています。
憧れの雑誌の編集長さんとお話出来たときはさすがにものすごく感動しました。
あ、あの雑誌を作ってる人が私の名前を繰り返してくれてる…!!(;ω;)と手が震えました。

正社員でもないのに、こんなにたくさんいろんなことさせてもらえて、本当に有難い!!
一つの雑誌の編集アシスタントをしていただけでは出来なかったこと、たくさんやらせていただいてます。
(とはいっても、編集アシスタントとしてバイト始めてからまだ2ヶ月なので、どちらもまだまだ日々要べんきょー)

今のうちにいろんなことして、いろんなもの吸収して、たくさん蓄えて、大きくジャンプしたいです。


てことで、明日も早朝からバイト!
頑張ります。
[PR]

by SaoriElizabeth | 2011-04-03 21:32 | おいしいもの@TOKYO