タグ:Denmark ( 2 ) タグの人気記事

2013年 07月 17日
デンマーク旅行記 エルシノア編その1
こんばんは!
前回まで、オーデンセを旅して参りましたが、今日からは少し北上!
ずっと憧れていた場所、エルシノアに場所を移し、旅行記を書いていきたいと思います。

エルシノア、デンマーク語だとHelsingør(ヘルシンゲル)として知られるこの土地は、シェイスピアの『ハムレット』の舞台エルシノア城のモデルとなったクロンボー城があることで知られています。

b0220053_2259513.jpg


b0220053_22554773.jpg


電車の中で朝ゴハンを食べつつ、揺られる事1時間。
ちなみに、コペンハーゲンからエルシノアまではコペンハーゲンカードを使って電車で行くことができます。

b0220053_22555153.jpgb0220053_22555967.jpg



到着した駅のホームはどことなく簡素なイメージ。
でも、駅舎は赤レンガの素敵なつくりでした。

b0220053_22561223.jpg

駅を出ると、目の前にいきなりハムレットとオフィーリアの像が!

b0220053_22555023.jpg


今まで何度かいろいろな役者が演じるハムレットとオフィーリアは観てきましたが、なかなかイメージ通りの彼らっていませんでした。
ハムレットもオフィーリアも、歴代の名役者たちが演じているだけでなく、何人もの偉大な画家たちが絵に描いていたりもしますし、イメージが膨れあがっているので、きっと特定のイメージをつくりだすのが難しいのだと思います。
でもこの像は、サラ・ベルナール(をモデルにミュシャが描いたポスター)みたいな髪型のハムレットと、どこか虚ろな目をした少女のオフィーリア(しかも野花持ってるし)。どちらも私の中ではイメージにとても忠実な二人で、期待を裏切らないお出迎えに早速テンションアップ!

b0220053_22561715.jpgb0220053_22561913.jpg



エルシノアの街は、海に面した小さな町で、観光名所といえばやはりクロンボー城。
海に面していると言っても、リヴィエラみたいにビーチに観光客が押し寄せるわけではなく、デンマーク北部の港町は冬には凍てつく寒さが厳しいでしょうし、写真を見てもらっても分かるように、駅だというのに全く人影がなし。とても寂れた印象の町でした。

b0220053_22562499.jpg

駅を出て、海沿いをずっと進むと、遠くに大きな建物の影が。

b0220053_22562667.jpg

それが、クロンボー城です。

てくてくと歩くと、周りには戦車台や、上から見たお城全体の模型などがあり、それを抜けるとお堀が。
b0220053_22575689.jpg

今でもこうして、水をたたえて昔の記憶を後世に伝えているのですね。18世紀以降、デンマーク軍の司令部があったために、昔の姿をとどめてはいないらしいですけども。

b0220053_22575914.jpg

そして、門をくぐると…

b0220053_22581115.jpg




b0220053_22585877.jpg


いきなり、明るい建物の色が目に鮮やかに飛び込んできます。
なんだここは!と思っていると、目の前には

b0220053_2258510.jpg


クロンボー城!
お城の周りにはまたお堀があり、それを取り囲むようにして、通路と建物が。
オレンジ色の壁の建物は、カフェだったり、お店だったり。以前は違う用途だったのかもしれませんが、現在は観光客のためのお店となっていました。


というわけで、次回はクロンボー城内部に潜入です。




ブログランキング参加中!
クリックお願いします☆
[PR]

by SaoriElizabeth | 2013-07-17 23:37 | 旅行記
2013年 05月 27日
デンマーク旅行記 オーデンセ編その1
2年前、留学のためイギリスへと飛び立ち、サマースクールを終えたある日。
私はイギリス飛び出て、もっと北の地に降り立ちました。

b0220053_012397.jpg


美味しいパンと
b0220053_0135325.jpg


美味しいパンと
b0220053_0184176.jpg


美味しいパンがある国…今だったら「フィン・ユールとかアルネ・ヤコブセンとか?(ドヤッ」とでもかっこよく言えるのですが、あの頃は食いしん坊の私の頭にはデニッシュしか思い浮かばなかった国…そう、デンマークへと降り立ちました。

b0220053_025922.jpg


オスロの知人宅へ行く途中、立ち寄る事にしたデンマーク。
コペンハーゲンという街の名前のかっこいい響きへの憧れだけをぼんやりと胸につめ、降り立ったコペンハーゲン空港は、確か2回目。
以前日本からノルウェーへと旅した時も、乗り継ぎで降り立った思い出深い空港でした。
この時は、サマースクールを終えたばかりの9月。まだ冬には遠く、夏の心地よさが少しだけ残る、穏やかな時期でした。


デニッシュの美味しい広島県のパン屋さんアンデルセンはコペンハーゲンにも支店がありましたが、まず私が向かったのは、ハンス・アンデルセンが生まれたというオーデンセ。

b0220053_03418100.jpg



北欧神話には詳しくないのですが、とある神様がオーディンという神様に、この地の美しさのあまり「オーディン、見て!」と叫んだことでオーデンセと名付けられたという逸話の残る土地だそう。
私が行った日は生憎、小雨から夕方にかけての暴風雨に見舞われるという悪天候でしたが、たまに射し込む日の光が当たった街並は、驚く程に美しかったです。

b0220053_0264961.jpg


b0220053_026427.jpgb0220053_0274186.jpg



オーデンセはデンマークのフュン島にある、1000年以上の歴史を持つとても古い街。
コペンハーゲンからは、電車で1時間半程。朝ゴハンを食べながら外を眺めているうちに、あっという間に着いてしまう距離。
アンデルセンの生まれ故郷ということで人気の高い観光地らしいのですが、私が行った日は天候が悪かったからなのか、時期が良かったのか、街全体が穏やかな空気に包まれていました。

b0220053_0271745.jpg

街の至る所に可愛らしいお店が。
ロイヤルコペンハーゲンのヴィンテージプレートらしきものも投げ売り状態。

b0220053_028486.jpgb0220053_0294824.jpg



駅から街の中心部までてくてくと歩くこと数分。
b0220053_0293692.jpg

街並をぼんやり眺めながら歩くだけでも楽しい。

b0220053_030218.jpg

見上げると、デンマークの国旗。
街全体が、まるで絵本の中の世界のような、可愛らしい佇まいで出迎えてくれました。
b0220053_0304554.jpg



…と、冒頭ゆっくりしすぎて、一回じゃ街のアンデルセン成分を全くご紹介出来なかったので、次回はもっと街の内部まで入り込んで行きたいと思います。
続く。




ブログランキング参加中!
クリックお願いします☆
[PR]

by SaoriElizabeth | 2013-05-27 00:58 | 旅行記