2010年 12月 20日
モーツァルト!
英語の勉強もひと段落つき、クリスマスも近いので、自分にご褒美♥ということで、帝劇で『モーツァルト!』観てきましたー。

b0220053_0323230.jpg


キャスト、すごく迷ったんですが、実は井上芳雄を観たことがなかったので「ここは観とかないとどんどん好機を逃してしまう…!!」と思い、井上ヴォルフガングの日にしました。
友人からは、「山崎育三郎がイケメンだから絶対好みだと思う」と念押されてはいたんですが。。。

ちなみに男爵夫人は涼風真世でした。美しすぎました。




モーツァルトということで、劇中にはさぞやモーツァルトの曲がふんだんに使われているのだろう…と思っていたのですが、実際はそんなことはなく。
モーツァルトというその人自体を描いた、ミヒャエル・クンツェとシルヴェスター・リーヴァイの世界観が溢れる作品でした。

モーツァルト好きな私には少し残念かと思いきや、エリザベートも好きなので、とても満足でした。(『エリザベート』と同じ作詞家、作曲家なのです)


とにかく、この作品は出演者が豪華ですね!
山口祐一郎の大音量の貫禄ある声とか、涼風真世のキラッキラな美貌とか、島袋寛子の弾けるような歌声とか、市村正親の渋い演技とか、高橋由美子の伸びやかな声とか、どれをとっても素晴らしかったです。
でもやっぱり、井上芳雄の作品全体にわたる歌声と若々しい演技がとっても良かったなー^^
カーテンコールのときに、アマデウスとヴォルフガングだけ最後に出てきてくれたときも、アマデウスをおんぶしてユーモア溢れる対応をしてくれて、楽しかったです。


ストーリー自体は、モーツァルトとコンスタンツェの恋愛云々と、彼の成功と没落、父の苦悩などなど、ありふれたものだったのですが、それでも楽しかったのは曲と歌声が素晴らしいのと、クルクル変わる衣装や舞台装置が観客を飽きさせないからだろうな。
衣装がホント日本とに豪華で、観ているだけで目の保養でした。
もうねそこら中、キラッキラなの。キラッキラ。
さすが帝劇。


余談ですが、終わった後に隣りの女性二人組みが「山口さんのトイレのシーンは無駄なシーンだけど、一番重要だよね。笑」って話してて、確かにって思った(笑)
あのシーンは本当に要らないシーンだけど、多分あのシーンが好きでリピートしてるお客さんもいるんじゃないかと思ったほどです。
でもトイレシーンの前後の、ガタゴトと馬車で揺れながら話す演技は、すごいなーと感心しちゃいました。
良くあれだけ揺れながら(しかも揺られるのではなく自ら揺れながら)話したり歌ったりできるわ。


あと、これも余談ですが、実は休憩までわたし、コンスタンツェが島袋寛子だってことに気づいてなくて…。。。
休憩時間にパンフレットを見てビックリ!
髪型が違うと全然印象が変わるんですね!
お芝居も上手でビックリしました。


そして案の定、この舞台を観終わった後には、『魔笛』が観たくなりました。
[PR]

by SaoriElizabeth | 2010-12-20 23:02 | REVIEW


<< Joyeux Noël      Marché de Noël ... >>