2011年 02月 10日
このヨル、あけないで
*ネタバレ注意。


バイトの先輩のお友達が出ているということで、観に行ってまいりました天才劇団バカバッカの『このヨル、あけないで』。

久しぶりの小劇場。
狭い箱で観る、若いオーラがビシビシ飛んでるお芝居ってやっぱりいいな~。

この劇団の座長は、ドラえもんのジャイアンの声をやられてる木村昴さん。
さすが演技もお上手で、笑いをとる間合いとか声色使いとか、さすが!って感じでした。

物語は、とにかくドタバタコメディ!
締め切りが迫った少女漫画家のある一夜を描いたストーリーなのですが、漫画のストーリーと次々とやってくる来客の絡み方がすごく面白くて、笑いっぱなしの100分間でした。
久しぶりに素直に笑える舞台観たなー!
下ネタもあったけど、さらっと聞き流せる程度で下品ではなかったし。
最近観る数自体減っていて、少し舞台から遠ざかっていたんですが、こういう出会いがあるから、舞台通いはなかなか止められません。

ストーリーも分かりやすくて、でも凝った演出もされていて、とても好感が持てました。
何か、好感が持てたとかって書くと上から目線っぽいけど(笑)変に凝りすぎてなく、でもシンプルすぎてもなく、絶妙なバランスが心地よかったです。
ちょこちょこ散りばめられたギャグのセンスがとても良かった。
少女漫画の再現のくだりのあたりが特に。

そして、先輩のお友達のレノ聡さん(モデルもされているとか)が演られてたゲイの役がとっても楽しくて楽しくて。
最後にお話もさせていただいたんですが、舞台の上ではかなりはっちゃけてたけど、実際はとても礼儀正しい方でした。
ゲイの役、とても似合ってました(笑)
イケメンでスタイル抜群なだけに、とっても素敵なゲイでした。


やっぱ、こういう若い劇団もっと観たいな!
エネルギーをたくさんもらえる気がする!
確かに荒削りな部分はありましたが、エネルギーでカバー出来てたんじゃないかな、と思います。
男性陣の演技がとても安定していたので、安心してみることが出来ました。
やっぱり、メインキャストの方々の演技が安定していると、素直に物語りに入り込めるので、お芝居をじっくり楽しむことが出来ますねー。
演技が安定っていうか、感情を声に乗せるのが皆さん上手で、分かりやすかったというか。


ただ、小劇場だから仕方がないけど、如何せんイスが硬くて狭くて。。。
後半はオシリが痛くて痛くて、ところどころ集中できなかった><
それだけが残念。


また5月頃に次のお芝居されるそうなので、予定があえば是非行きたいなー♪
[PR]

by SaoriElizabeth | 2011-02-10 23:54 | REVIEW


<< ネコとの戯れ。      サイモン・ヘンチの予期せぬ一日。 >>