2011年 06月 20日
ブリティッシュカウンシル出発前オリエンテーション。
渡航をあと一ヶ月に控え、今日はブリティッシュカウンシルで行われた出発前オリエンテーションに参加してきました。

イギリスでの生活のコツとか、留学経験者のトークショーとか、交流会とか、様々な催しが組まれてたんですが、一番有意義だったのが、ビザセミナー。
ビザ申請の担当者が、予約制で一人一人の質問に答えてくれました。

未だにビザ申請に四苦八苦しているわたし。

資金証明にも暗雲立ちこめ(銀行の発行した取引証明書が正式なものとして認められない危機)、向こうの大学からはCASが来ず、もらえるはずの奨学金のオフィスからはオフィシャルレターが来ず。

申請予約日を延期し続けている状態。

確実に時間はなくなっていっているのに、ビザ申請に関することだけがものすごいスローペースでしか進んでません。

もしかしたら渡航日を2週間ほど延期するかも、と考え中です。


そんな私の状態をビザ担当者の方に相談したら、確認して電話しますね、という温かいお言葉。
まだ何も解決してませんが、とりあえず問題点が分かり、確認取ってもらえるという安心感が得られただけでも良かったかな。



本来なら、私の場合は修論研究目的の交換留学ですし、奨学金ももらえて、向こうの大学に授業料払う必要もないので、こんなに難航するはずがないと思ってたのですが…思ってた以上に難しいです、ビザ申請。
私の場合は、父の資金サポートで留学するので、全部資金証明の名義が父なんです。
なので、口座を作った銀行の支店がある地方と、両親の住んでるまた別の地方と、私の住んでる東京と、三カ所でやり取りするだけでかなりの時間がかかってしまうという悪循環…。


来週は学校の渡航前セミナーがあったりして、最近セミナーばかり充実していますが、行く気満々なのに、ビザ取れてないと何も手に着かない状態です。

早くこの悶々とする日々を終わらせて、楽しい旅支度を開始したいものです。




それはそうと、オリエンテーションではたくさんの貴重な意見が来て、すごく参考になりました。
舞台関係のお仕事してる方から名刺いただいたり、自分のやりたかったことに一歩近づけたり。
人と出会える場所に行けば、チャンスってどんどん広がっていくんだなぁって実感しました。


ビザ申請、引っ越し、渡航準備、と目まぐるしい合間を縫って(プラス、バイトと授業も)、自分の将来への足がかりも作らねばなぁと思ってます。

出会いを大切にしながら、日々を過ごしていきたいです。



ブログランキング参加中。
いつもクリックありがとうございます☆
[PR]

by SaoriElizabeth | 2011-06-20 01:09 | DIARY@TOKYO


<< スプートニク.com      エリザベス朝という時代。 >>