2011年 10月 07日
引き続き異常気象。
今日は、昨日と打って変わって極寒のシェフィールドでした。
革のジャケット着てマフラーグルグル巻きにしてもまだ寒いくらい。雨が降ったり止んだりの繰り返しで、雹らしきものも降っていたような気がします。
秋を飛び越えて、一気に冬が来たかのような一日でした。

b0220053_6202545.jpg

大学の近くのwest streetでパチリ。
雨上がりの街並。


今日は午前中にレクチャー3つ、午後にセミナー1つ受けた後、チャイニーズの友達2人とチャイニーズレストランへ。
旅行に行ったり、授業が始まったりで、3週間くらい会えてなかったので、久しぶりの再会にお喋りが止まりませんでした。

b0220053_6282225.jpgb0220053_6292778.jpg



b0220053_633471.jpgb0220053_6305287.jpg



彼女たちは、サマースクールが終わった後、9月から大学の寮を出て一緒に借家に住み始めたらしいのですが、その話を聞けば聞く程興味津々に。

何でも、彼女たちの大家さんは、97歳のイギリス人男性で、仕事は画家。
シェフィールドの美術館だかシティーホールだかに絵が飾ってあるらしく、彼女たち曰く「多分シェフィールドでは有名な人」らしい。
彼はとても中国に興味があるらしく、本棚には中国の歴史の本がずらり。好物は、チャーハンとヌードル。
今までに14人の中国人をステイさせてきて、今回の彼女たちが16人目なんだとか。
97歳になった今も元気に自動車を運転し、彼女たちをいろんなところに遊びに連れて行ってくれるらしいです。
借家というよりもホームステイだね、と言うと、「そうなの。でも今日はお昼ゴハンにフィッシュ&チップスをごちそうしてくれたの」と嬉しそうに言ってました。

彼女たちの話を聞いた私は、彼の約100年間の人生を想像して、まるで小説の登場人物のようなキャラクターだなと思ったり。
戦前戦後を生き抜いて、絵を描きながら暮らし、次々にやってくる中国人の女の子と家をシェアしながらのんびりと暮らしているイギリス人の老人のお話。短編小説になりそうです。

今度会わせてもらう約束をしたので、絶対に近いうちに会ってこようと思います。




ブログランキング参加中。
クリックお願いします☆
[PR]

by SaoriElizabeth | 2011-10-07 06:53 | DIARY@UK


<< Stratford-upon-...      異常気象な日々。 >>