2012年 02月 16日
St. Valentine's Day
みなさんこんばんは!
日本は16日の朝ですね!イギリスは……イギリスも16日になりました…。日付が変わり、二日遅れとなりまして、今更感が半端なく漂っておりますが、バレンタインについて書きたいと思います。

b0220053_1016427.jpg



実は、3年前のバレンタインデーにもイギリスにいました。
学部の頃の2ヶ月間の短期語学留学の初日が、2月14日でした。
成田からエクセターまで、飛行機と電車を乗り継ぎ、くたくたな身体で辿り着いたホームステイ先。
家に招き入れられ、まずはゴハンでも、と通されたキッチンのテーブルの上には、パパと子供からのママ宛のラブレター♥

ホストマザーのニコラ曰く、イギリスのバレンタインはカードやお花、プレゼントを贈りあい(もしくは男性から女性に渡し)愛を伝える日だそうです。

日本のバレンタインは、女性が男性に(本命でも義理でも)チョコレートを渡す日、もしくは女性が自分の為に高級チョコレートを買う日(笑)にすっかり様変わりしてしまっていて、本来の意味を失いかけていますが、本来はパートナーに日頃の想いを伝える日なんですよね。



というわけで、2度目のイギリスでのバレンタインデー。

b0220053_1015566.jpgb0220053_10161078.jpg


さすがカードを送るのが大好きなイギリス人たち。
カードやちょっとしたプレゼントが売ってあるギフトショップにはひっきりなしに人が。


b0220053_10162793.jpg

チョコレートショップは、いつも比較的混んでるのでこの日が特別に混んでいた、という感じはしませんでしたが、やっぱりディスプレイはバレンタインデー仕様。


実は、既に街中にはイースターエッグとイースターバニーのチョコレートが並び、「あれ、バレンタインは…??」とすら思ってしまったくらい影が薄かったイベントでしたが……シェフィールドは田舎なので余計にそうだったのかもしれません。



b0220053_10562572.jpg

夜ゴハンは、いつもと変わらずおウチゴハン。
でも、ちょっとだけ可愛らしさを演出してみようと、ホワイトソースのニョッキの上に、ハートのニンジンを飾ってみました。
包丁でハート形に加工しましたが、なかなか手のかかる作業でした。





b0220053_1047379.jpgb0220053_10394330.jpg




b0220053_10393399.jpgb0220053_10391357.jpg




寮の入り口も、一応バレンタインモード。
チョコレートは買いませんでしたが、ケーキ食べました♥



バレンタインが終われば、春はもうすぐそこ。





ブログランキング参加中。
クリックお願いします☆
[PR]

by SaoriElizabeth | 2012-02-16 10:59 | DIARY@UK


<< 友人来る。      BAFTA >>